使いやすいキッチンとスッキリ充実した収納を実現したリフォーム

01

 

まずは、リビングからキッチンまでの空間を一体感のある空間にしたいと考えました。キッチンを壁付けにすると、結局電子レンジや食器棚の置き場に悩みます。キッチンは当時よりも奥行が広くなっていますので、今のような壁付けキッチンだと、さらに背面の食器棚スペースが狭くなります。そこで、今回はセパレートスタイルのキッチンを提案しました。

 

02

 

奥様は普段は一人で食事の支度をするので、対面にする必要はないとおっしゃいましたが、電子レンジや冷蔵庫の置き場を踏まえて考えると、これがベストだと思いました。セパレートの場合は片側が壁付けになるため吊戸棚が付けられ、そこも収納になります。和室をウォークインクローゼットにすると広すぎて無駄なスペースができてしまうこともありましたので、和室だったスペースに家電収納と冷蔵庫置場をくい込ませました。こうすることで、LDKもウォークインクローゼットも無駄なく有効にスペースを使うことができました。

 

03

 

ウォークインクローゼットの中は洋服をしまうだけでなく、布団や本、そのほか細々したものや収納BOXなどが収納できるように、また風通しを良くすることも考え、2方向に入口を作りました。

 

04

 

LDKスペースも、少し間仕切りラインをずらし、LDK空間としての広さを感じられるようにしました。

 

リフォームWEBかんたん見積もり 詳しくはコチラ

Page Top
来店予約 

未公開・新着物件