財産分与請求の調停について

夫婦間で財産分与についての話がまとまらない場合、家庭裁判所に申し立てをし財産分与を求め、調停手続きを利用することができます。この申し立ては、離婚から2年以内に行わなければなりません。

調停手続きでは、まず夫婦の共有財産(実質的共有財産含む)がどれぐらいあるのかを明確にするところから始まります。また、その財産の取得や、維持するための貢献度などを考慮し、当事者双方への事情聴取や資料の提出などを行ったうえで合意を目的とした話し合いが進められます。

合意についての話し合いがまとまらない場合、自動的に審判手続きがなされます。審判では、裁判官による審理が行われ、一切の事情を考慮したうえで財産分与についての審判がなされることとなります。

申立人 離婚した元夫・離婚した元妻
申立先 相手方の住所地を管轄する家庭裁判所または、当事者が合意で定める家庭裁判所
必要な費用 収入印紙1200円
必要書類
  • 申立書
  • 離婚時の夫婦の戸籍謄本(全部事項証明書※1)
  • 不動産登記事項証明書や預貯金通帳の写しなど夫婦の財産に関する資料

不動産売却のご相談は・・・

静岡県のオレンジハウス不動産は、不動産売却・不動産売買はもちろん、新しいお住まいをお探しのみなさまへ、地元に根付いたタイムリーな不動産物件情報をご提供いたします。また、リフォームについても数々の実績があり、中古住宅や中古マンションのご紹介に至るまで「住まい」に関するあらゆる面で、お客さまをサポートしております。
静岡県静岡市葵区、駿河区、清水区はもちろん、静岡市近郊における新鮮な不動産情報のことなら、ぜひオレンジハウス不動産にお任せください。

オレンジハウス不動産
Page Top
来店予約 

未公開・新着物件