住宅ローンでお困りの方へ

住宅ローンの返済でお悩みの方、滞納でお困りの方、競売を回避するためにも早めの相談が必要です。

人生のRestart

任意売却で住宅ローンのお悩み解決!

長引く不況から収入が減ってしまった方や、離婚など生活に変化があった方からのローンに悩む声が増えています。
住宅ローン返済困難や、競売開始決定でお悩みの方へ任意売却という解決方法をご提案いたします。

あなたのケースは?

任意売却・競売 という手段をご存知ですか?

住宅ローンを返せなくなったとき、家を売る際に選ぶ道は「任意売却」か「競売」しかありません。

自らの意思で売却できる任意売却

債権者の同意を得て任意で売却する手続きをします。
市場に近い価格で売却でき、過剰金を残せます。
任意売却についてもっと詳しくご紹介します。

任意売却とは?

強制的に売却されてします競売

借入れの担保不動産となっている土地や住宅を債権者や裁判所の主導で強制的に売却すること。
競売についてもっと詳しくご紹介します。

競売とは?

なぜ任意売却? 大きなメリットがあるのです!!

競売よりも有利といわれている任意売却には多くのメリットがあります。

  1. メリット1 競売よりも高値で売れるので返済金額を増やせます。
  2. メリット2 引越し時期を融通してもらい、引越し代を手元に残すことが可能です。
  3. メリット3 ご近所の方に事情を知られることなく売却できます。
  4. メリット4 交渉により残った借金は、少しずつ返済していくことができます。
任意売却のメリットについて

任意売却と競売の比較 違いを知ることは大切です。

問題解決には正しい知識が必要です。様々な角度から比較して、任意売却と競売の違いを知りましょう。

  任意売却 競 売
売却価格 市場価格に近い金額 市場価格の5~7割程度
プライバシー 事情を知られず売却が可能 近所や職場に知られる可能性あり
引越し代 捻出できる 捻出できない
資金の持出し 一切なし 基本的になし
返済金額 多い 少ない
残債務の交渉 できる できない
退去日 事前に協議の上決定できる 裁判所からの強制執行もある
売却への期間 短め 長め

任意売却と競売の比較について

住宅ローンの滞納で競売になってしまう!?

住宅ローンの滞納から競売で家を失ってしまうまでの流れを知ることは重要です。住宅ローンの返済が滞ると最初は金融機関から電話や文書による催促がありますが、3ヶ月から6ヶ月すると保証会社は金融機関に対しご本人に代わりローン残高と 延滞利息を一括して返済します。これを代位弁済といいます。その後、保証会社は裁判所に『競売』を申し立て強制的に住宅を処分して資金の回収をします。

住宅ローンを3ヶ月~6ヶ月滞納→保証会社による代位弁財→競売の申し立て

競売より有利に解決ができる任意売却ですが、その為には早めの行動が重要となります。滞納前のご相談はもちろんのこと、滞納1ヶ月~3ヶ月でのご相談が選択肢の多い有利な解決に繋がります。

※近年競売の処理スピードが大変早く、裁判所から競売の通知が届いてから4ヶ月から6ヶ月で落札となってしまいます。
『競売開始決定通知』が届いたら早急にご相談ください。

競売開始決定通知
債権者から届く書類について
失敗しない任意売却業者の選び方
住まいの総合コンサルティング オレンジハウス不動産にご相談ください

信頼できる弁護士・司法書士事務所と連携して、住宅ローンの借金問題、任意売却等
あらゆるケースに対応、トータルサポートいたします。

任意売却業者の選び方
Page Top
来店予約 

未公開・新着物件案内強化中!