ケース02、妻名義に変更し妻が住み、夫がローンを払う

不動産の名義変更を行い妻が住み続けるものの、ローンの支払いは夫がするというパターンです。これは、預貯金など不動産以外の分与や、子供の養育費といった類の財産分与による負担を、軽減するという意味で使われる方法です。

ただし、住宅ローンを組む際に「金銭消費賃借契約」を銀行と取り交わしている場合、対象となる不動産の名義変更をする場合は、銀行の承諾を得なくてはなりません。しかし実際には、住宅ローンの支払いが終わっていない不動産については、名義変更をすることに銀行はNOとするところがほとんどのようです。

こちらのパターンもCase.1のように、夫がローンの支払いが出来なくなってしまった場合、競売にかけられる可能性があるので注意が必要です。


不動産売却のご相談は・・・

静岡県のオレンジハウス不動産は、不動産売却・不動産売買はもちろん、新しいお住まいをお探しのみなさまへ、地元に根付いたタイムリーな不動産物件情報をご提供いたします。また、リフォームについても数々の実績があり、中古住宅や中古マンションのご紹介に至るまで「住まい」に関するあらゆる面で、お客さまをサポートしております。
静岡県静岡市葵区、駿河区、清水区はもちろん、静岡市近郊における新鮮な不動産情報のことなら、ぜひオレンジハウス不動産にお任せください。

オレンジハウス不動産
Page Top
来店予約 

未公開・新着物件