財産分与請求の時効

離婚による財産分与の請求には期限があります。これは、協議による離婚でも裁判による離婚でも同じく、離婚が成立した時から2年です。

ここでいう「離婚が成立した日」とは、

  • 協議離婚の場合 … 離婚届が受理された日
  • 離婚調停の場合 … 調停が成立した日
  • 審判離婚の場合 … 審判が確定した日

となります。

2年という期限は「財産分与ができる」期限ではなく、「財産分与の請求権を行使できる」期限となるため、調停や裁判により請求が認められた場合についてはその債権は通常の債権と同じ扱いとなり、消滅時効は10年に変わります。

そのため、取り決めをせずに離婚した場合でも、離婚後2年以内であれば財産分与の請求ができ、それが認められれば10年間は支払い請求ができる、ということになります。ただし離婚の際、請求権を放棄していた場合は2度と請求することはできません。

なお、慰謝料の請求については、離婚成立から3年が期限になります。


不動産売却のご相談は・・・

静岡県のオレンジハウス不動産は、不動産売却・不動産売買はもちろん、新しいお住まいをお探しのみなさまへ、地元に根付いたタイムリーな不動産物件情報をご提供いたします。また、リフォームについても数々の実績があり、中古住宅や中古マンションのご紹介に至るまで「住まい」に関するあらゆる面で、お客さまをサポートしております。
静岡県静岡市葵区、駿河区、清水区はもちろん、静岡市近郊における新鮮な不動産情報のことなら、ぜひオレンジハウス不動産にお任せください。

オレンジハウス不動産
Page Top
来店予約 

未公開・新着物件