不動産相続時の注意点

1. 不動産が分割しにくい場合

不動産はその性質上、分割しにくいといった点があります。不動産の分割方法には「現物分割」「換価分割」「代償分割」「共有分割」の4つがあるので、預貯金など不動産以外の遺産でバランスを取るなど、協議によって最適な分割法を適用するのが得策でしょう。

不動産 4つの分割方法

現物分割

不動産の相続の中でも、最も一般的ともいえる方法がこの「現物分割」です。しかし、各相続人の相続相当分の通りに分割するのが難しい場合は、その差額についてはその他の遺産で調整します(代償分割)

換価分割

不動産を売却するなど、遺産を処分し金銭に換えてから分割方法を「換価分割」と言います。現物を分割することで価値が下がる場合、この方法がとられることが多いようです。

代償分割

不動産を相続する場合に起こりうる相続人の間での取得格差を、金銭の支払いによって埋めることを「換価分割」と言います。「現物分割」と併せて行われるケースも多くみられます。

共有分割

不動産を含む遺産の一部(または全部)についてを、共同で所有することを「共有分割」と言います。名義を変更するだけの手続きで済みますが、将来的に売却する場合、全員の合意が必要となります。

2. 貸している不動産がある場合

相続が開始(被相続人の死亡翌日)されてから分割協議が成立するまでの間、賃貸収入は相続人全員で配分することとなります。また、借入によって賃貸物件が建てられている場合、借入金(マイナス財産)についても相続の対象となります。


不動産売却のご相談は・・・

静岡県のオレンジハウス不動産は、不動産売却・不動産売買はもちろん、新しいお住まいをお探しのみなさまへ、地元に根付いたタイムリーな不動産物件情報をご提供いたします。また、リフォームについても数々の実績があり、中古住宅や中古マンションのご紹介に至るまで「住まい」に関するあらゆる面で、お客さまをサポートしております。
静岡県静岡市葵区、駿河区、清水区はもちろん、静岡市近郊における新鮮な不動産情報のことなら、ぜひオレンジハウス不動産にお任せください。

オレンジハウス不動産
Page Top
来店予約 

未公開・新着物件