住宅取得資金贈与税の特例利用時の住居について

取得する場合の住宅について

  1. 登記簿上の床面積、あるいはマンションなどの区分所有の床面積が、50平方メートル以上240平方メートル以下であること。
  2. 住宅が中古の時は、構造によって2つに分けられています。
    1. (A)鉄筋コンクリート造や鉄骨造の耐火建築物では、取得した日を基準にして25年以内に建築された
      建物であること。
    2. (B)上記の耐火建築物以外の木造などの建物で、同じく20年以内に建築された建物であること。
      例外として、平成17年4月1日以降に取得する中古住宅では、一定の耐震基準をクリアした建物であれば、建物の築年数の制限はありません。
  3. 住居用に使用する部分が、床面積の50%以上であること。例えば、店舗併用住宅では、その半分以上が普段生活するための住空間であることが必要です。
  4. 住宅が2つ以上ある場合は、主として住居用に使用する1つの住宅に限られます。

増改築する場合の住宅について

  1. 増築後の床面積、あるいはマンションなどの区分所有の床面積が、50平方メートル以上240平方メートル以下であること。
  2. 増改築の工事費が100万円以上で、なおかつ住居用に使用する部分の工事費の割合が、工事費全体の50%以上であること。
  3. 増改築後の床面積の50%以上が、住居用に使用する部分であること。

以上、国税局HPより抜粋


不動産売却のご相談は・・・

静岡県のオレンジハウス不動産は、不動産売却・不動産売買はもちろん、新しいお住まいをお探しのみなさまへ、地元に根付いたタイムリーな不動産物件情報をご提供いたします。また、リフォームについても数々の実績があり、中古住宅や中古マンションのご紹介に至るまで「住まい」に関するあらゆる面で、お客さまをサポートしております。
静岡県静岡市葵区、駿河区、清水区はもちろん、静岡市近郊における新鮮な不動産情報のことなら、ぜひオレンジハウス不動産にお任せください。

オレンジハウス不動産
Page Top
来店予約 

未公開・新着物件